足利市で清潔な歯医者さん

〒326-0831 栃木県足利市堀込町93-3/駐車場9台完備

受付時間
9:00~12:15 × ×
14:15~17:30 × ×

△:土曜日のみ16:45まで/休診日:日曜日・木曜日・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

0284-72-9901

当院のむし歯治療

痛みを感じさせないよう工夫

痛みが苦手で、歯科の受診をためらっていませんか?そんな患者様を、ひとりでも多く救いたいと考える当院では、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療を心掛けています。

「治療中は麻酔が効いているから心配ないけれど、麻酔注射を打つこと自体が苦手」という方は少なくありません。そこで、麻酔注射の打ち方について心身ともに負担がかからないよう、さまざまな工夫をしています。

麻酔注射の針が刺さるチクッという小さな痛みさえも軽減するために、先に歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を施します。あらかじめ麻酔をかけておき、麻酔が効いてきたところで極細の注射針による注射を行います。注射針は細ければ細いほど痛みを感じにくくなるという特徴がありますので、日本で入手できるものの中で最も細いものを採用しています。患者様の様子を確認しながら丁寧に麻酔を行います。麻酔液を注入する速度を微調整し、速度のムラによる痛みや刺激が起こらないように配慮します。

また、ゆすぐ水や削る時に出る水が常温だと冷たく刺激になりますが、当院ではぬるま湯が出るようにし、刺激を軽減させます。

少しでも痛みを感じさせない治療をご提供するために、可能な限り工夫をしています。痛みが苦手な方も、お気軽にご相談ください。

再治療をしなくて済む、長持ちするむし歯治療

歯は、削れば削るほどもろくなり、むし歯が再発しやすくなります。当院では、できるだけ歯を長持ちさせるために、再治療が起こりにくいプランをご提案しています。

詰め物・被せ物と歯との継ぎ目に段差や隙間ができてしまうと、そこから二次的なむし歯が発生することがあります。そこで、歯を削った部分を修復する詰め物・被せ物の素材は、複数の選択肢をご用意。患者様のご希望をうかがいながら、歯の状態やご希望に合わせて適切な素材を選び、隙間のできにくい治療を行います。

また、人工物である詰め物・被せ物そのものがむし歯になることはありませんが、隙間に汚れが溜まりやすく、掃除しにくい形であったりすると、むし歯の再発リスクが高まるものです。そのため、詰め物・被せ物は毎日の歯磨きで汚れが落としやすいような形状になるように考えて作ります。

患者様のお口の健康を、長期に渡って維持できることを第一に考えた治療法をご提案しています。気になることがございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

むし歯治療の流れ

むし歯の検査

検査器具やレントゲンで、むし歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

むし歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

むし歯の部分を取り除く

むし歯の病巣を取り除きます。歯の神経までむし歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

むし歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

むし歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。4ヶ月以上先のご予約もお気軽にどうぞ。

0284-72-9901

受付時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:15
午後:14:15~17:30
△:土曜日のみ16:45まで

休診日:木曜日・日曜日・祝日

9月診療カレンダー

1

 2

3 4 5 6

 7

8

 9

10

11 12 13 14
15

16

17

18

19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

赤字:休診日

10月診療カレンダー

 

  

 1

2 3 4

 5

6

 7

8

9 10 11 12
13

14

15

16

17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

赤字:休診日 19日午前休診

11月診療カレンダー

 

  

 

    1

 2

3

 4

5

6 7 8 9
10

11

12

13

14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

赤字:休診日