歯科医院受診の流れ

歯科医院に来院したら、問診表に記入し、名前を呼ばれて診察室に入ると、まず治療用いす(ユニットと言います)に座ります。 あなたは緊張しています。

そこへ先生が忙しそうにやってきて、「今日はどうしました?どこが痛い?」などとお話します。緊張しているので上手く言葉が出てきません。自分の状態も満足に言えず、とりあえず削られる・・。

そして伝えたいことも伝えられず、治療が終わる。

こんな歯科医院があるかもしれません。

治療用いす(ユニット)は治療するときに使うものであって、詳しいお話を伺ったり、詳しい説明をするところではありません(簡単な説明はしますが・・)。

 

最初にお話を伺うのは専用のカウンセリングルーム

  DSC01627.JPG

 

最初のカウンセリングで、「困っている所だけやってほしい」、「お口全体を治して欲しい」など、あなたの治療に対するご要望も伺います。それにより、あなたがより満足できる歯科治療をご提供できればと考えています。

 

また、歯周病の治療結果の説明や、インプラント、矯正治療の説明なども行います。


 


 関根歯科クリニックでの治療の流れ

 

1.問診表、健康調査票を記入 

待合室で問診表と健康調査票を記入していただきます。お薬の服用や妊娠など歯科治療に必要なことだけではなく、治療に対するご希望などもご記入下さい。 

 

2.カウンセリング

書いていただいた問診表をもとに当院スタッフがカウンセリングルームにてより詳しくお話を伺います。

(立ったり座ったりするのが大変な方や、小さいお子様をお連れの方などは直接治療用のいすでお話を伺います。) 

 

3.お口の診査・診断・説明&応急処置

治療用のいす(ユニット)では、レントゲンを撮ってお口の中の診査をし、それからお困りの部分の状態をご説明します。その後、応急処置をしていきます。

 

4.いよいよ治療スタート

お口の状態をご説明し、あなたと相談しながら、必要なところから治療を開始します。 

歯肉は歯を支える土台なので、歯肉炎・歯周病になっている方はできればそこを先に治療します。

担当の歯科衛生士がつき、顕微鏡による細菌検査、ブラッシング指導・練習、歯石取り、クリーニングなど歯肉を健康に回復させるための処置を数回かけて行います。

むし歯の治療も出来るだけ同時に進めます。 

 

5.予防歯科の考えの中心である定期検診スタート

治療が終了してからが本当のスタートです。せっかく綺麗にしたお口の状態をずっと維持していただきたい。そのためには数ヶ月に一度の定期的なクリーニングは欠かせません。

あなたのお口の状態とご予定をあわせて、検診期間などを決めていきます。 あらかじめご予約を取っておけば待ち時間なく希望の日時に定期検診を受けていただけます。 (急な患者様が入られた場合、多少遅れます)