歯を抜いた後はインプラント

『むし歯がひどくなってしまい抜歯せざるを得ません』 

歯を失ったらどうしましょう? そのままでは上手く咬めません。

 

しかし、歯を入れることで今までと変わらず何でも咬めます。歯を入れる方法は主に3種類あります。

1 前後の歯を削ってブリッジを入れる(取り外しできません)

ブリッジはむし歯のない歯を数本、削る必要があります。

ブリッジの土台にした歯はその後むし歯になりやすくなり、歯の寿命を縮めます。

削らなければ10年20年は持っていたかもしれないのに数年でむし歯に・・・となるかもしれません。

 

2 取り外しの入れ歯を入れる

入れ歯は、バネをかける歯がむし歯になりやすくなります。さらに入れ歯の下の顎の骨が徐々に痩せていきます。

入れ歯を入れることでむし歯を増加させていたということです。

 

3 前後の歯をまったく削らずインプラントを入れる(取り外しできません)

インプラントはどうでしょう。ブリッジや入れ歯で起こるデメリットは何もありません。顎の骨の形態にもよりますが、9割以上が安定して使えます。

 

 

 

インプラントとは、歯を1〜数本失った場合、歯の機能を代用させる目的で顎の骨に埋め込む人工的な物質(現在ではチタンが多く使われる)です。

ブリッジや、取り外しの入れ歯と違って、周囲の歯に負担をかけないため歯を失った場合の第一選択の治療法です。


インプラント治療にはしっかりした顎の骨が必要なため、歯周病などで歯を支える骨が極度に破壊されている人は、インプラントはできません。

 

インプラント治療の流れ

 

1.診査・診断

お口の写真、型どりによる模型、お口全体の診査(歯周病やむし歯)などを診査します。

インプラント治療は外科手術を伴うため、お口の状態をできるだけ清潔にした状態で行わなければなりません。歯周病がある場合は、先に歯周病の治療を行います。むし歯がある場合は、むし歯の治療をある程度は進めなければなりません。 

 

2.レントゲン撮影 

インプラントは顎の骨に埋めますので、骨の厚み高さが分からなければなりません。

縦と横から撮影したり、CTを撮影したりして、顎の骨を立体的に把握する必要があります。

 

dannsou131.jpg

   横                 縦

 

デジタルレントゲンなのでパソコン上で骨の量を計測します。

dannsou4111.jpg

 

最適なインプラントの太さ・長さ・埋める位置が診断できます。

 

3.手術

implant_img011.gif  ピンク色が歯肉、オレンジ色が顎の骨です。

 

顎の骨にインプラントを埋めます。(外科的な処置です)

埋めた位置確認のためレントゲンを撮ります。

dannsou2211.jpg

 

ブラッシング指導をいたします。手術後は歯肉が傷ついていますので、非常に柔らかい歯ブラシを使います。

 

 

4.被せ物の型取り 

 

implant_img021.gif

2〜3ヵ月後にインプラントと骨がくっついていることを確認して(レントゲン&揺れがないことを確認します)、土台を立てます。

土台の形態を修正して型を取ります。

 

 

implant_img031.gif

被せ物が入ります。(当院では基本的に白い被せ物です)

 

 

 

 


logo8711.jpg   logo8911.jpg

 

logo8811.jpg   logo9021.jpg

右下に2本インプラントを埋めました。取り外しの義歯を回避できたので手前の歯の負担が減ってお口の崩壊を止められます。(噛む力で右下から徐々に歯がなくなっていく可能性が大きい) 

 

 

 

logo10011.jpg  logo10111.jpg

1本ないところにインプラントを埋めました。前後の歯をまったく削ることなく歯を入れられます。外科的な負担も最小限で済み、インプラントの恩恵を最も受けるパターンだと思います。

 

 インプラント料金はこちら